まずは自分のライフスタイルに合った英会話勉強法を探しましょう


聞き流しで耳から学ぶ勉強法

>聞き流し


英会話はまずはリスニングから

リスニング


オンラインでバーチャル英会話

バーチャル


いつでもどこでもアプリなら可能

アプリ

独学

年齢や頭の良さは英会話勉強法にはあまり関係ありません

重要なのは生活の中で自然に触れ合う事なのです

近年では社内公用語として大手では採用されていますし、ヨーロッパなどでは第三外国語まで一般的な常識として学習しています。 日本でも何度なく英語の重要性は問われていますが、未だにバイリンガルがチヤホヤされるという状況は変わりません。 帰国子女や留学経験がある方などでなければ基本的に苦手意識を持っているという層が男女や年齢問わず多いのです。 まずは英会話勉強法というよりは自分の普段のライフスタイルの中にどれだけカタカナではないネイティブなものを取り入れることができるかという事です。 もちろんその際に元々の能力や年齢はそれほど重要ではありません。 小さな赤ちゃんでも自宅で生活していく上で勝手に誰に教わることもなく必要な言葉を身に着けていくのです。 ですから、まずは毎日の暮らしの中に定着できる英会話勉強法の教材を自分流で探しましょう。 言うなれば駅前留学の講師が外国人の知名度の高いNOBAやAEONやスカイプなどでのオンラインの魅力的なマンツーマンレッスンも予算的には常にできるというわけではないでしょう。 それができるのであれば、実際に使えるジェスチャーやボディランゲージも学べるので一番いいと言えるのではないでしょうか。 しかし、金銭的、時間とスケジュール的な都合もあります。 現段階ではそこに通う前にまず自宅でできる英会話勉強法を探したいという方も世間一般的には多いようです。

100語でスタート

英会話勉強法はまずは耳で慣れることが先決です

英語を聴くことに対しての苦手意識を失くしましょう

英語を喋る事や聴くことに対して苦手意識を持っている人はそれを払拭できなければ、自然と口からネイティブな言葉が出てくることはありえません。 日本人で一番多い層は単語や文法はできるのに、知っているのに習得ができないパターンと、根本的な英語に対して苦手意識を持っているというコンプレックスのある方です。 前者の場合は邪魔をしているのは羞恥心です。 発音などを大袈裟にしたりするのを拒み、本当は理解しているのにカタカナで喋ってしまいます。 更に間違えることを必要以上に嫌がるため、文法や正しい単語かどうかを気にし過ぎてしまいます。 このようなケースは自宅のskypeなどのオンラインでマンツーマンでレッスンできる英会話勉強法が向いているのではないでしょうか。 一度流れに慣れてしまえば、あっという間に次のレベルに到達しやすいパターンです。 後者の、根本的に苦手意識を持っている層に重要な事は普段の生活でこの言葉に触れる機会を増やすことです。 ポイントを端折ってしまいますがそれは映画や歌などでも実際には構いませんし、一日30分でも勉強法の教材でもそうでなくてもいいので徹底して耳を慣らしていきましょう。

リスニングと単語や文法では英会話勉強法は違うように感じます

ジャンルは異なりますが基本的には同じと考えましょう

例えば日本語を赤ちゃんが学んでいく過程で英会話のための文法や単語を細かく指導をしていくという事はあまりしません。 必要なものだけ勝手に覚えていくのです。 幼児と大人では学習方法が一緒ではいけないと考えてしまいがちですが、基本的には同様です。 アメリカ人の中には十分な自宅での環境を得ることができずに読み書きができない子供はたくさんいますし、当然そういう人は正しい文法などは理解していません。 それでも会話はできるのです。 日本人は文法や単語のスペルが合っているかどうかばかり気にしてしまう傾向にあります。 もちろん、テストでは間違っていたら点はもらえませんが、巷では日常会話では特に必要とはされません。 TOEICなどを受ける場合はそこも重要視しなくてはいけませんが、ネイティブに話したい時や海外旅行や留学に行くという目的の際は特に気にし過ぎも良くありません。 自分に何が必要なのか終着点や目的を探しながら英会話勉強法を探しましょう。

成功への鍵は英会話勉強法が面倒や嫌にならない事です

生活環境の中で学習を自然のものにする

これだけ多くの種類の教材がある中、自分にぴったり合う教材を探すのは非常に難しく手間とコストが掛かってしまいます。 ですから、まずは公式ホームページなどで無料サンプルをスタートは探しましょう。 多少面倒くさくても一通り購入前には試してみる事が重要です。 一度も使用せずにいきなり申し込みをしてしまうのは返金保証がついている商品でも時間と手間がもったいないのです。 また、自分の生活習慣の中で英会話勉強法がフィットするかを考えましょう。 例えば、通勤や通学の時間がある場合はCDや音源ファイルなどはスマートフォンやタブレット、ipodなどで気軽にどんな場所でも持ち運びができます。 しかし、そういう時間がない方は家で時間を作って勉強をするという形になります。 当然お仕事や子育てが忙しいという方はそのような時間が作れなければいけないという事になります。 インターネットで自宅から好きなタイミングでオンラインで学習したい場合はそのような環境のパソコンやスカイプ、ヘッドフォンとマイクが必要になります。 何か一つでも億劫と感じてしまうものは基本的には長続きしないと考えていいでしょう。 重要なのは無理をせずに継続できる英会話勉強法の教材をチェックをして選択するという事です。

このページの先頭へ